桑原望です。久しぶりの更新です。

「桑原さんは なにかスポーツされているですか?」
どういうわけだか、最近、よく聞かれます。

私が最近している運動は、「背伸び」くらいなもの。
しかもたまに背伸びの時に体がつります。

さてさて、先日、長女の夢(小1)の持久走大会が行われました。

持久走大会の前に、体育の授業でやった時、娘の順位は20人中15位でした。
私と違って努力家の妻は、「なんとかせねば」と思ったのでしょうか、
それから、娘と妻は毎日練習を行いました。
そして、その後の体育の授業では、9位となりました。

雨で延期になり、ようやく迎えた本番。
会場となった信濃川の河川敷に私も応援に行きました。

スタートして、折り返し地点から帰ってきた娘は、
ものすごい顔をして、走ってきました。
初めてみる娘の本気の姿に、私も思わず「夢 がんばれ!」と声をあげました。
そして、涙もろい私は、案の定、涙しました。

娘の順位は、なんと「5位!」
妻も私も、そして、本人も驚きの結果でした。
なんでも、練習を一緒にやった友達に何がなんでもついていくという作戦だったそうです。


私としては、順位はあまり気にしていません。
それよりも、娘が努力をして、結果を出したことが、
娘の人生に大きなプラスになることが、うれしく思います。

その後の娘の日記には、こんなことがかかれていました。
「マラソン大会がありました。とても苦しかったけど、
途中で夢がんばれとお父さんの応援が聞こえました。
それで、がんばろうと思いました」

努力の大切さや家族の絆を学ぶいい機会でした。