ご存じのとおり、私、運動神経が残念なタイプです。
それでも、小中と野球やっていてよかったなぁと思っております。
なぜなら、小ネタがたくさん出来たから。
桑原望の小ネタシリーズの中で、野球ネタは一番多いかもしれません。
僕にとっては、スポーツで活躍するよりも、笑いを取ることが大事なので。

桑原望の小ネタ、野球シリーズ 議員時代編

僕が議員になったばかりの時のこと。
わが母校、中越高校が甲子園出場を果たした。
愛する母校のため、後輩のためということで、
甲子園に応援に行くことにした。
一般の方と同じ甲子園応援のバスツアーに参加した。

そのバスの道中で、隣におじさんが座った。
当然、甲子園談議に花が咲く。

おじさん「君は、何年卒だい?」
のぞむ 「何年卒かよくわかっていませんが、僕が高校3年生の時も甲子園出場し、2回勝ちましたよ」

なんて会話をしていたら、おじさんは衝撃的なことを口にした。

おじさん 「その年代だと、君は市議会議員の桑原望を知っているか?」

おじさん、俺、桑原望のこと誰よりも知っているよ。
俺が一番とか言うの嫌いだけど、間違いなく一番知っているよ。
親や妻よりも誰よりも知っているよ。
その後、甲子園に着くまでの間、長い沈黙がありました。